投稿日:

お金を借りる理由によって借りる場所が変わる

お金を借りるのであればどこから借りている人が多いでしょうか。例えば飲み会などに行く場合、お金がなくても参加したいのであれば、友人に借りてしまう人もいるでしょう。数千円程度のお金であれば、友人にも貸して欲しいとお願いすることが出来るかもしれませんが、数万円ともなると友人には借りにくくなるはずです。数万円を友人に借りる場合には、しっかりと相手も理由を聞いてくるはずだからです。なぜお金が必要なのかを聞かれたときに、遊ぶお金が足りないからと素直に伝えた場合、友人は何というでしょうか。数千円程度の飲み代であれば、仕方ないと言って貸してくれるかもしれません。しかし数万円もの飲み代を貸して欲しいと言われて貸してくれるものでしょうか。多くの人は数万円もの飲み代を簡単に貸してはくれずに、叱ってくるかもしれません。友人が叱ってくれた時に、自分がしようとしていることが間違っていることに気が付くのであればいいですが、叱られるのが面倒と思ってしまう人は、他から借りようとするはずです。

友人から借りれないとすれば、キャッシングで借りたほうがいいと思うようになるかもしれません。キャッシングで借りた場合には利子を支払わなくてはなりませんが、それでも借りるときに叱られることはありませんので、借りやすいと思ってしまうようになります。友人に借りる場合には、素直に言ったら叱られるかもとか、嘘をついて借りてもばれたらどうしようとか、どんな嘘を付けば貸してもらえるだろうかといろいろ考えるようになるでしょう。しかしキャッシングはそんなことを一切考えることもなく、簡単にお金を引き出すことが出来ます。そうなると誰にも文句を言われないキャッシングがとても便利だと思うようになり、頻繁に借りてしまうことになるでしょう。(お金を借りる方法が書かれているホームページ)友人が叱ってくれるうちにお金を借りなくてもいいように遊び癖をなおすようにしていった方が、今後の自分のためになります。